歯科全般・インプラント・口腔外科・小児歯科:田中歯科(明石)

インプラントとは歯のなくなった場所に人工歯根を埋め込んで、安定した後に支台部(歯を支える部分)が連結され、その上に新しく歯が装着する治療方法です。

歯が抜けるといろいろな障害が出現します。

  • 噛む機能が低下する(内蔵に負担がかかる)
  • 抜けた歯の周囲の歯が動く(歯周病、顎関節症になりやすい)
  • 対合していた歯が挺出してくる(歯周病、顎関節症になりやすい)
  • 審美的に不良
  • 発音がしにくい
  • 食べ物がつまりやすい(虫歯になりやすい)

インプラント治療

  • 自分の歯のような自然な感覚
  • 噛む力が低下しない
  • 健全歯を傷つけることなく、そのまま保存できる
  • 審美的(外観)に良好

義歯(入れ歯)

  • 安定した咬み合わせが得られにくい
  • バネをかける歯の負担が大きい
  • 味覚が良くない
  • 異物感、違和感がある
  • 発音がしにくい

ブリッジ(差し歯)

  • 健全な歯を削る
  • 支える歯に負担がかかる
  • 人工歯を支えるために、2本以上の歯が必要になる