歯科全般・インプラント・口腔外科・小児歯科:田中歯科(明石)

歯が抜けて部分的な入れ歯を入れる場合は、通常は残存歯牙にクラスプ(入れ歯のバネ)をかけることが行われています。これは多くの場合、審美性を損なうばかりか、欠損状態によっては義歯を極めて複雑な形態にし着脱や清掃をむずかしくしています。このような場合、適所に強力なマグネット(磁石)を利用することにより、審美性や操作性を大幅に改善させることができます。

残っている自分の歯にマグネットと相性のいい金属、入れ歯側に超小型マグネットを取り付け、マグネットによりガタつきのないピッタリとフィットした入れ歯を可能になります。

歯が一本も無い場合もインプラント(人工歯根)治療の応用で可能です。歯根が残っていない方でも、(インプラントとの)併用は可能です。

強力な超小型磁石によって入れ歯を近づけるだけで、所定の位置にカチッと吸い付くようにはまります。残っている歯に引っかける、わずらわしいバネや複雑な装置もありませんから、簡単に装着・取りはずしが行えます。

また、小さくても強力な磁石です。入れ歯が落ちたりすることなくピッタリと固定されますので、存分に会話を楽しめます。しかも、バネがないので見た目もスッキリと自然で、違和感がありません。 シンプルな構造なので、清掃も簡単です